ネオジオ筐体風・自作アーケード筐体製作

DSC_0404.jpg
2016年11月
前々からやってみたいと思っていた自作アーケード筐体を作りました
その時の記録です
images.jpg
どうせ作るなら思い入れのある筐体っぽいのを作りたいということで
子供のころに近所の個人商店に置いてたネオジオ筐体っぽいのを作ることにしました
小学生のころ、これで初代餓狼伝説やNAM-1975で遊んでいました

まず、全くの素人がいきなり作るのは無理なのでいろいろ参考にさせていただいたページがこちら
http://ayasuke2.exblog.jp/

DSC_0321.jpg
譲れない点としては
・実機のMVS基板を動作させる
・2Pプレイ可能
・レバーボタンは当然アーケード仕様のものを使う
・ステレオスピーカー
・汎用性もほしいので6ボタン仕様(SC-19の配置は使いにくいのでA落ち横並びができるように)

とりあえず完成イメージを形にするために段ボールで立体化
モニターを突っ込んでそれっぽく。
モニターはハードオフでジャンクだったDELLの17インチ(1080円)

DSC_0370.jpg
木を切るために工具を購入しました
3000円くらいのジグソーと2000円くらいのサンダー
ジグソーは曲面を切るのに便利です
サンダーはやすりがけが速攻でできます
これとは別に小型の電動ドライバーやらホールソーを購入。
インパクトドライバーは以前から持っていたのを使用。(日立の15000円くらいのやつ)
工具だけで結構な出費でした

DSC_0330.jpg
木を切って養生テープで仮組みしていきます
モニターの下にあるのは音声アンプ
MV-1Fのヘッドホン端子からステレオ音声を取る予定です

DSC_0334.jpg
基板屋のトップスさんからボタンとレバーを購入。
レバーボタンともにセイミツ製にしました
レバーはLS-32とエクステンションバー
(6ミリ厚のコンパネに付けるので軸が短くなっちゃうため)
ボタンはネジ式にしました
ネオジオ筐体で使用されていた縁の黒いボタンですが
押す部分が平面でなくサンワボタンのように若干丸みがあって押しやすくなっています

DSC_0337.jpg
ホールソーで穴あけしてレバーボタンを仮組み
パネルは鬼目ナットを使ってネジで取り外しできるようにしたのでメンテは楽です

DSC_0343.jpg
組み立ては木工用ボンドを塗った補強用の角材を木ネジを使ってがっちり固定します
木工用ボンドだけで意外と強力にくっついてくれます
木ネジは木が割れないようにドリルビットで下穴をあけ、面取りビットを使って頭が飛び出さないようにします

モニターはVESA穴にネジで取り付けてくりぬいたモニター枠を取り付けて
いい感じになりました

組みあがったら木工用パテでキズや隙間を埋めてサンダーで平らに整えます

DSC_0348.jpg
DSC_0351.jpg
スプレーで塗装します
下地として白を数回吹いた後、マスキングして各色を上から吹き付けました
ベースに使った桐集成材はいいんですが、コンパネに使ったMDFが曲者で
いくらスプレーを吹いても染み込んで色がつかない。。
ひたひたに浸かるレベルまで吹き付けてようやく色が付きました
表面の穴をふさぐ『目止め』という作業が必要だったようです

DSC_0352.jpg
完成が見えてきました

DSC_0354.jpg
内部の配線などを仕込みます
MVSを内蔵するため、配線はJAMMA規格にします
中国通販のAliExpressで筐体自作用のJAMMAハーネスが送料込み1800円、電源が2000円くらいで売ってたので
それを取り寄せました。
映像の15Khz→31Khz変換は、この時点では持ってた中華アプコン(これもAliExpressなら2000円くらい)を使用しました

DSC_0356.jpg
ネオジオのロゴを印刷します
海外サイトで有志が作ったベクターデータがダウンロードできたので高解像度に変換して
エーワンのフィルムラベルに印刷。

DSC_0362.jpg
この時点で普通に遊べるところまで完成

DSC_0364.jpg
コンパネの仕上げとしてアクリル板を敷いて印刷したパネルシートを挟む形にします
アクリル板の穴あけは難易度が高いですがホールソーを高速回転させながら軽く押し当てて
摩擦熱で溶かし斬る感じで穴をあけました

DSC_0372.jpg
コンパネは完成
一応、ネオジオ以外のゲームも遊べるように6ボタン仕様にしています
黒いつまみはカチっと回すとボタン配置がストII仕様の6ボタンから
ネオジオ仕様のA落ち横並びに切り替わります
家庭用ネオジオを長年遊んだ身としてはネオジオは横並び以外ありえません
黄色と赤のボタンはコインとスタート

DSC_0373.jpg
背面の扉を開けたところ
MV-1Fがちょうど入る大きさです
排熱は少し考えないといけませんな

DSC_0379.jpg
完成し、しばらく遊んでいましたがどうにも中華電源が信用ならんので新しいのを手配。
中華電源にグラディウスIIなどの電気食い基板をつないだところ
電圧が4Vまで降下し立ち上がらないためまともなのと入れ替えました
結果、安定して立ち上がるようになりました

DSC_0410.jpg
中華アプコンの画質に不満を感じたため、テーブル筐体でも使用しているXRGB-2を入手
中華アプコンはキャラの影のような1フレームごとに点滅しているオブジェクトや激しく動く部分に
ブロックノイズのような謎のノイズが乗って気になるので。。

DSC_0411.jpg
XRGB-2の疑似走査線は安心する。。

DSC_0412.jpg
そんなこんなで完成した愛着のある自作筐体でバリバリ遊ぶとしましょう。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

似たようなもの作ろうかと思っているのですが
電源切るときはどうするんですか?
キーボードを使います?

すいません、PCじゃないですね
失礼しました

No title

PC入れる場合はマザーのピンヘッダから電源の配線を
ボタンに繋いだらいいんじゃないでしょうか。。
テーブル筐体用で自分が使ってるランチャー(mGalaxy)は終了させると
自動でシャットダウンするようにするオプションがあるので
それを利用しています
プロフィール

§( ´_ゝ`)§

Author:§( ´_ゝ`)§
アーケードゲーム基板
自作ゲーム筐体
ハードオフでのジャンク漁り&修理
ガジェット系

Youtubeチャンネル

最新記事
スポンサーリンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR