ツインファミコンのディスクシステムの修理

DSC_0736.jpg
先日のツインファミコンのディスク部分を修理することにしました



分解すると前のベルトがこびりついてるので
無水エタノールでゴシゴシしました

DSC_0737.jpg
今現在、ディスクシステムの交換用ベルトとして
定番なのがこのモビロンバンドというものらしいです。。
本来、普通に輪ゴムのようにしようするものらしいです


DSC_0738.jpg
交換の仕方はネット上にたくさん情報があるのでそれらを参考にしました。

DSC_0739.jpg
交換をしただけですとエラーが出るのでヘッドの調整もしないといけないようです
これもネットの情報を参考に。

DSC_0740.jpg
このモビロンバンド、やたらとズレて外れるので
余ってるコンデンサを使ってズレないように押さえを作りました
あんまり強く押さえるとエラーが出るので軽く添える程度に。。

DSC_0741.jpg
そして数時間格闘し。。

DSC_0747.jpg
なんとか起動するところまでこぎつけました!
しかし、読み込まなかったりでどうにも不安定

DSC_0756.jpg
いろいろ試していたらディスクスロットを上に向けて本体を立てると100%起動することに気が付きました
立てた時と寝かしたときのヘッドの挙動を見比べると寝かしたときはヘッドが最外周に戻る際に途中で引っかかっていました
ヘッドが戻るときはこのバネの力で戻るのですが、どうもバネが伸びてて戻る力が弱いみたい。
本体を立てると重力がプラスされるのでその力で引っかからなくなっていたと。

DSC_0757.jpg
定位置より少し離れた場所にちょうどいい穴があったのでここにバネをひっかけてみたところ
張力がアップし寝かした状態でも読み込むようになりました!
何枚かディスクを試したところ、張力が強すぎるのかエラーが出るのもあったので
少しバネを伸ばしてやると手持ちのディスクは100%読み込むようになりました
とりあえずはこれでだましだまし使うことにしますがこの方法もいずれバネがさらに伸びると思うので
代替のバネを探して来ようと思います

-----------------------

DSC_0759.jpg
5/3追記
バネを近所のホームセンターで探してきました

DSC_0760.jpg
長さ以外はぼ同じ仕様なので…

DSC_0761.jpg
ニッパーでぶった切って長さ調節しました
1~2巻ほど短く切った方がいいかも?
短く切りすぎるとエラーが出ると思うのでその時はちょっと伸ばして
微調整するといいと思います

DSC_0762.jpg
装着。
手持ちのディスク全てを100%読んでくれるようになったため
これにて修理完了とします

メカニカルな部分が多く、修理に苦労しましたが
時間を忘れるほど直してて非常に楽しかったです
愛着も湧きますね

-----------------------

DSC_0752.jpg
オマケ
ハードオフで入手したディスクのスーパーマリオブラザーズ2

DSC_0753.jpg
B面に初代が入っててお得でした
2作の説明書も入ってました
つか手書きのタイトルが妙に上手い

DSC_0754.jpg
星だらけ!
クリアすると星が一個増えて8個以上になると

DSC_0755.jpg
A-1という裏面が遊べるようになります
このクソ難しいマリオ2をクリアしまくってるとは
前の持ち主はかなりの達人だったようですな
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

§( ´_ゝ`)§

Author:§( ´_ゝ`)§
アーケードゲーム基板
自作ゲーム筐体
ハードオフでのジャンク漁り&修理
ガジェット系

Youtubeチャンネル

最新記事
スポンサーリンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR