沙羅曼蛇筐体風・自作小型筐体を製作

P1040438.jpg
Raspberry Piを使って手軽に沙羅曼蛇が遊べる小型筐体を
作った時の記録です

P1040436.jpg
基板棚。
P1040437.jpg
私の大好きなゲームである沙羅曼蛇は発売時は専用筐体で稼働していたそうです
小型筐体を作りたくなり、せっかくなので大好きなゲームの
専用筐体っぽいデザインにしようと思いました

DSC_0346.jpg
実物を見たことがないのでネットで画像を探し、それっぽく立体化します
前回のネオジオ筐体と同じく段ボールで大まかに作ります
わからない部分は想像で補う。

液晶は8インチに決め、コンパネは無理なく操作できる幅26センチ程度に。

DSC_0347.jpg
ここまで作っていけると思ったので板を用意し切る作業へ

DSC_0349.jpg
今回は9ミリ厚のMDFを使用。
この作業はネオジオ筐体の塗装中、塗装が乾くのを待つ間にやっていました

DSC_0350.jpg
仮組み。
いい感じです

DSC_0375.jpg
Aliexpressで自作液晶モジュールを購入。
アスペクト比4:3、解像度は1024x768でHDMIやVGA端子あり
5000円弱で10日程度で到着しました
IPSなので視野角も広いです

USB12V.jpg
モニターは12Vが必要ですがAmazonで売ってた5Vを
12Vに昇圧するケーブルが使用可能でした
このケーブルもAliExpressで150円前後で入手可能。
もっと大きなモニターに使うときは動作が安定しないかもしれません

DSC_0376.jpg
木の枠を液晶の大きさにくりぬき

DSC_0377.jpg
後ろの押さえをボンドで接着

DSC_0378.jpg
液晶をはめ込む。
気持ちいいくらいぴったり収まりました

DSC_0382.jpg
MDFは木ネジがうまく入らないので
今回はネジは使わずボンドのみで接着していきます
かんたんですし強度的にも十分です
組み立てながらアサヒペンのスーパーメイクアップシートを貼っていきます

DSC_0383.jpg
沙羅曼蛇で重要なのはステレオサウンド。
スピーカー関係をどうするか考えた末、PCスピーカーを購入し

DSC_0386.jpg
バラして中のアンプをいただきます

DSC_0388.jpg
スピーカーも使おうかと思いましたが意外とサイズが大きくて入らなかったので
手持ちの小型スピーカーを使用しました
オリジナル筐体と同じく、コンパネ下の前面にスピーカーを配置しました

P1040447.jpg
アンプ基板は背面に設置。
ヘッドホン端子もあり、挿すとスピーカーは消音となるため
夜のプレイも安心

DSC_0390.jpg
モニターの前面に付けるアクリル板。
インストとモニターの表示領域以外はスプレーで黒く塗りました
また、アクリルは簡単に傷がつくのでダイソーの
液晶保護シートを貼りました

sal_inst.jpg
モニター横の縦インストはネットにあった画像を
レタッチソフトで高解像度に復元。
フォントとか微妙に違いますが気にしない

DSC_0391.jpg
その他の装飾もネットの画像をもとに製作し
写真用紙に印刷。
ネオジオ筐体の時と同じく、アクリル板に穴をあけて挟みます

DSC_0398.jpg
ラズベリーパイ3を入手。
クレジットカードと同じサイズでレトロゲームが
バリバリ動くスペックのあるPCです。

P1040448.jpg
とりあえず突っ込みました。
後ろの扉は蝶番で開け閉めできるようにしました


レトロゲームのエミュレーターを動かすなら
Retropieを使うのが一般的みたいですが
今回は電源を入れたら沙羅曼蛇が自動起動するという
環境を作りたかったので汎用のRaspbianを入れて
MAMEを自動起動するように設定しました
演出として起動後にX68000版のロードBGMを一瞬鳴らすようにしました
遊んだ感じ、結構入力遅延がありますが沙羅曼蛇はパターンゲーなので
そこまで致命的ではないかなと。。
・・・が、結局沙羅曼蛇で遊ぶときはオリジナルの基板で遊ぶので
今ではお部屋のインテリアと化しています。。
今度Retropieを入れてみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

§( ´_ゝ`)§

Author:§( ´_ゝ`)§
アーケードゲーム基板
自作ゲーム筐体
ハードオフでのジャンク漁り&修理
ガジェット系

Youtubeチャンネル

最新記事
スポンサーリンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR