FC2ブログ

K社ケース用MMC5フラッシュカートリッジ基板

DSC_1377.jpg
先日作ったKAZZOでフラッシュカートリッジに書き込む環境ができたので
本命ともいえる作業に取り掛かりました

K社ケース用MMC5フラッシュカートリッジ基板
これを使ってMMC5のフラッシュカートリッジを作りました

DEATH☆です
こちらで配布されている沙羅曼蛇AC DELTAを実機で遊ぶためです

まずは特殊チップのMMC5が載ってるファミコンカセットを入手
MMC5は光栄のでっかいカセットで使われているので今回は三国志IIと水滸伝を入手

DSC_1378.jpg
こいつがMMC5ですな
こいつを移植します


剥がすのにはPS3を修理したときに買った
2000円くらいのヒートガンを使いました
フラックスをたっぷり塗って炙ってハンダが光沢のある銀色になってから
ピンセットでつつくとペロンと剥がれます
(付近にあるボタン電池は熱すると爆発するのであらかじめ外しましょう)

DSC_1399.jpg
カセットから剥がしたMMC5をピンの位置を合わせて再実装するのですが
こんなもん一本一本手ハンダしてたら死ぬので

DSC_1400.jpg
ハンダをモリモリ盛ったあと

DSC_1401.jpg

ハンダ吸い取り器のTP-100で掃除機のように吸い取りました

DSC_1402.jpg
ひっくり返してフラッシュメモリを実装
こいつもハンダを盛って吸い取る方法で。
こいつはしっかり付いてないと書き込みでエラーが出ます

DSC_1404.jpg
説明によるとこの時点でデータを書き込んで動くかチェックするといいらしいので書き込んでみる。
お、なんかバグってるけど起動した

DSC_1403.jpg
画面全体が壁判定だったり残機が99機だったりとカオスな状態ですがとりあえずここまではOK

DSC_1424.jpg
SRAMを取り付けます
このタイプのSRAMはゲームボーイカラーで使われているのでジャンクを買ってきて引っぺがしてもいいですな
フラッシュメモリやMMC5に比べると足の幅が広いので楽勝でした
この時点で音は出ませんがゲームはバグらずに動くようになりました

DSC_1423.jpg
最後にコンデンサやらチップ抵抗やらを実装。。
これで音が出るようになるとのこと。
ここまでの作業はある程度の工具がそろっていれば楽な部類なんですが
これは1ミリ~3ミリのチップをハンダ付けするという苦行で
ピンセットつまんでプルプル震えながら根気強くやってなんとか完了。
まだ老眼ではありませんが今後こういう趣味を続けるなら
ハズキルーペみたいな拡大鏡が要るかなぁと思いました

DSC_1426.jpg
音も出るようになってこれにて完成!
電池ボックスを買い忘れたので電池を入れていませんが動作には問題なし

DSC_1425.jpg
沙羅曼蛇のカセットに入れてみる。
LEDで目の部分が光るというスケルトンカセットを生かしたギミックがイカス!

DSC_1429.jpg
調子に乗ってもう一個作りました

DSC_1428.jpg
同じく公開されているグラディウスⅡAC DEATH を書き込みました
基板のLEDはカセットに入れると見えなくなっちゃうんですが一応付けました

DSC_1430.jpg
沙羅曼蛇もグラIIも動作チェックで一周しときました
ファミコンでここまでできるんだなぁ
スポンサーサイト

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

§( ´_ゝ`)§

Author:§( ´_ゝ`)§
アーケードゲーム基板
自作ゲーム筐体
ハードオフでのジャンク漁り&修理
ガジェット系

Youtubeチャンネル

最新記事
スポンサーリンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR